保育園訪問

心理学を活用した教育で、子どもも先生も成長できる──認定こども園 健爽学園 ゆりかご幼稚園

心理学を活用した教育で、子どもも先生も成長できる──認定こども園 健爽学園 ゆりかご幼稚園

ゆりかご幼稚園の特長について教えてください。

園長:荒井 利夫さん
園長:荒井 利夫さん

まず、雰囲気ですが、幼稚園は家庭の延長だと考えていますので、温かい家庭的な雰囲気があることを大切にしています。「ゆりかご」という名前も、その音の響きが美しいので、この名前にしました。
ゆりかご幼稚園が誕生したのは、昭和31年のことです。戦後復興の雰囲気もあって、早く川崎に文化と教育を作る必要性を感じました。そのために自らが幼稚園を作って、早期教育の力で復興しようと考えました。感性の鋭い子どもの時期、要は「鉄は熱いうちに打て」という考え方で、早期教育をしています。
私自身が心理学を学んでいたのもあって、西田幾多郎という哲学者の「場の哲学」や、心理学者のジャン・ピアジェの考え方、グループダイナミックスなどを活用して、科学的に、体系化した教育を行っています。そのため、子どもだけでなく、働く先生も学んで成長していける環境になっています。

外装や内装にはこだわりがありますか?

ゆりかごドーム未来館では、雨の日でも遊ぶことができます!

当園は、間伐材を使用して建てました。杉の木にニスを塗っているので、建ててから30年くらい経つのですが、今でも綺麗です。国の補助を得て建てているものですから、なるべく費用を抑えてという気持ちからそうしました。
あとは、「ゆりかごドーム未来館」という建物があるのですが、上下でスポーツができ、雨の日でも遊べて、夏の時期などは紫外線や熱中症対策にもなり、実用的です。
一方で、わざと曲線のある、芸術性のある建築を意識しています。それは、「人間はこんなに凄いものを作ることができる」ということを、子ども達に知ってほしいという思いがあったからです。
当園では、ゆりかごドーム未来館を建てるときに、コンクリートを詰める工程など、工事を全て子ども達に見せました。普通は「危ない」といって見せない所が多いと思いますが、当園ではあえて見せるのです。すると、感動と感激があります。こういう経験が、「建築家になりたい!」という子を育てると思っていますので、プロセスも全部見せています。

点が線、線が面、面が立体になる教育とはどんな教育でしょうか?

ぬくもりを感じる手作りのおもちゃがたくさんあります!

例えば、園でピノキオの絵本を読んだあとに、家でピノキオの絵本の続きを作ってくるというような、そんな展開を大事にしています。これは子どもが興味を持って自主的に行っているものです。最初は1人の子どもから始まり、自然と周囲の子ども達も、自宅で制作した絵本を持ってくるようになりました。
また、当園では「職業」を意識した教育をしています。これは、将来、自分に合う職業を選んで欲しいという思いからで、小さいときから職業に関心が持てるようにしています。スペースシャトルの遊具があるのも、宇宙や宇宙飛行士などに興味を持ってほしいという気持ちからです。

災害・防災に備えて、行っていることはありますか?

体操/園ではいろいろな花や野菜を育てています

川崎市で第一号の幼年消防隊を結成して、毎年消防署の行事にも参加しています。
この幼年消防隊を結成していることによって、子どもは避難訓練がとても上手です。地震が起きても泣いたりしません。3.11の時には予報探知機があったので、地震発生の32秒前にカウントダウンが始まり、子ども達はみんな、スムーズに、立派に避難できました。
当園では、トラックで富士山の水を1000L汲みに行き、その水を飲料水として使用しています。おいしいミネラルウォーターを子どものうちから飲ませたいというのと、災害時に備えた取り組みでもあります。
また、熱中症対策として、持参した水筒の水やお茶だけでは足りないこともありますので、園でも用意するようにしています。

力を入れているカリキュラム内容はありますか?

当園では、サッカーと縄跳びに力を入れています。実は、日本代表サッカー選手の権田修一選手は、当園の卒園生です。他にも、ダブルダッチ競技で有名になり、今はシルク・ド・ソレイユでも活躍している安藤信義選手もいます。
それから、自然科学を学ぶ場も提供したいと思い、富士山の麓に宿泊施設を作りました。そこで、富士山周辺の天候について観察したり、野草などの植物について話をしたりします。
歌についても発声から教えて、高い声もコントロールできるようにしています。すると、場をわきまえた声を出せるようになって、生活態度も落ち着いてきます。

来年に幼保連携型認定こども園に変わるにあたって。

キャリアウーマンの子育て支援として、幼稚園で教育が受けられるように神奈川県第一号の幼稚園単独型認定こども園を設けました。平成28年度より認可保育園を加えて早期教育の一本化にあたります。
本学園では、「天才にはなれずとも、準天才にはなれる」をキャッチフレーズにしてピアジェの認知発達心理学の諸理論を応用して、就学前の教育にあたっています。

認定こども園 健爽学園 ゆりかご幼稚園

認定こども園 健爽学園 ゆりかご幼稚園

住所

〒216-0011
神奈川県川崎市 宮前区犬蔵1-19-16

連絡先

TEL:044-977-1623 FAX:044-977-6556
ホームページはこちら