保育園訪問

子育て中や介護中の方でも保育士として勤めやすいように配慮しています──藤沢よつば保育園

子育て中や介護中の方でも保育士として勤めやすいように配慮しています──藤沢よつば保育園

2018.04.16

藤沢よつば保育園について教えてください。

園長:齋藤紀子さん

2016年10月に認可外保育園としてよつば保育園が開園しました。翌年4月に小規模認可保育園藤沢よつば保育園第1・第2という形になり、現在は各園21名ずつ0~2歳のお子様をお預かりしています。来年度からは3歳児さんが残り、少し人数が増える予定です。
保育理念は「こどもに寄りそい『幸せのねっこ』を育てる」で、自己肯定感を持つ子どもに育てることを第一に考えています。自己肯定感を上げるのは、先生が多いからできるんです。先生が多いので非常に目が届きやすいですし、泣いている子、不安そうにしている子を放っておかない、傍にいる。なぜその状態なのかを見て気持ちに寄りそっていく。そういう保育を行なっています。
この保育のベースになるのが、先生が働きやすい園であることです。先生達が働きやすいということで余裕ができ、子ども達にたくさんの笑顔をあげることができます。それによって、子ども達や保護者の方にも幸せを与えて、共に幸せになっていけると考えています。

藤沢という地域ならではの良さはありますか?

この辺りはお散歩している園児がたくさんいて、周りの皆さんがとても温かく接してくださいます。よく江ノ電沿いをお散歩するのですが、わざと少しゆっくり運転してくれたり、手を振っていると車掌さんが振り返してくれたりするんですよ。
来月2歳児さんは近くの公立保育園に出向いて、他園の子どもと交流します。よつば保育園は2歳までで、3歳から違う園に行くことになるので、よつば保育園以外にもこういう世界があって、次はこういう所に旅立って行くんだということを知ってもらえるかなと思います。

食についてのこだわりや力をいれていることは何ですか?

お散歩

子ども達が美味しく食べ進められるように工夫をして、一人ひとりが完食できることを目指しています。
メニューを2週間で1サイクルにしていて、1か月に2回同じものが出ます。1回目の時に誰が何を残したのかを確認し、食べ残しのあったものに関しては2回目の時に、材料はそのままですが一人ひとり形を変えたり調理法を変えたりして食べやすくなるようにしています。大きい園だと、食材の切り方や調理法をそれぞれ変えるというのは難しいと思いますが、弊園では個別に対応しています。特に離乳食はそうですね。こういう細やかな対応は小さい園ならではだと思います。
食べ進みが難しい子は、補助の先生が途中で変わったり、江ノ電を見ながら食べるなどをして気分が変わるようにしてみたり、食べ進められる環境も色いろ試しています。

職員が働きやすい環境を整えたり、保育の質の向上のためにどのような取り組みをしていますか?

まず、先生を通常の配置基準よりも多く配置しています。子育て中や介護中の主婦の方が保育士として勤めやすくするためです。子どもを保育園に預けていると、子どもの具合が悪くなって、急な呼び出しや欠勤というのがどうしても出てきてしまいます。そんな時でもすぐ対応できるように人手を用意してあるんです。
それから、持ち帰りの仕事は基本的にありません。制作物でも書類でも全部園でやるようにしています。書類作成は近くにある本社で集中的にできる時間を別途作っています。書類作成は園にいると集中してやることが難しいこともあるので、書類作成専用の時間が取れるのは先生達に好評ですね。
そして、休日の取得です。基本的に週休2日で、日曜は全員休みなのですがもう1日は自分で選べるんです。また、病院に行きたいから早く帰りたい、前日旅行帰りで遅いから遅番にしたいなどの希望も前月に出してもらいシフトを組んでいます。
保育の質の向上としては、研修はもちろん他園の施設見学等も積極的に行なっています。まだ2年目の若い園なので試行錯誤している部分もあり、知り合いの園にお願いして、色いろな先生を交代で見学させていただき良いところを吸収できるようにしています。

今後の展望を教えてください。

内装はなるべく木にして、家でも使うような建具を使っています。

今は英語とリトミックのカリキュラムを取り入れていますが、来年度からは3歳児さんも残ることになっているので、もう少し教育のプログラムを取り入れようと考えています。
ここは小規模保育園なので2歳までなのですが、保護者の方から小学校までずっとここにいられるのが一番いいという声を頂くので、ここを卒園したときに接続先になるような保育園を作りたいですね。
それから、主婦の保育士さんをしっかりフルタイムで雇用したいです。自分の子どもを預けながら働くということができるようにしたいです。

ここで育った子ども達に将来どうなってほしいですか?

保育理念である「幸せのねっこ」を育てる、自己肯定感を育てるというところに繋がるのですが、子ども達一人ひとりが絶対幸せになってほしいと思っています。何が幸せかを突き詰めていくと、自分のことが好きで「幸せだ」と思えることだと思います。どんな環境でも自分を大事にして幸せだなと思える、そういう子でいてほしい。そのために、小さい時からきちんと関わって、その子の事が大事だというメッセージが伝わるように接しています。

藤沢よつば保育園といえば○○というと?

「笑顔」です。笑顔ってやっぱり、幸せで楽しく過ごしていたら自然と出てくるものじゃないですか。子どもも先生もみんな楽しそう。みんなが幸せであるということが一番だと思います。

藤沢よつば保育園

藤沢よつば保育園

住所

〒251-0024
神奈川県藤沢市鵠沼橘1-1-17 門倉ビルIII 2階

アクセス

JR東海道本線、小田急江ノ島線 藤沢駅より徒歩4分

開園時間

月~土 7:20~18:20、延長~19:20

連絡先

TEL:0466-47-8812 FAX:0466-47-8812
ホームページはこちら