保育園訪問

本物に触れて、たくさんの経験と刺激の中から興味を広げてほしい──キッズフォレ平和の森

本物に触れて、たくさんの経験と刺激の中から興味を広げてほしい──キッズフォレ平和の森

2021.7.15

キッズフォレ平和の森さんについて教えてください。

園長:松原佳子さん

キッズフォレ平和の森は、2020年4月に開園した東京都認可保育所で、0~5歳のお子様をお預かりしています。定員は50名、1クラス10人未満と少人数の園です。
「すべては、本物から すべては、遊びからスタート」の保育方針を基に、様ざまな体験から子ども達自身が学びとっていく環境づくりを大切にしています。色いろな体験を通じて、考える力、話す力、伝える力を育み、世界に羽ばたいてほしいと考えています。
園の目の前には、「平和の森公園」という大きな公園があります。10,000㎡を超える原っぱでの遊びや、池や小川での水辺の遊びなど、子ども達は毎日、様ざまな外遊びを通じて自然に触れることができます。こうした自然豊かな環境ですので、外観の一部に木の雰囲気を取り入れたり、室内も自然を感じられるようイメージした園舎となっています。

カリキュラムの特長は何ですか?

今年から新しくスタートした日本舞踊のカリキュラム★

英語を1つの軸としています。一緒に英語のカリキュラムを考えているAlex 先生は、20年間、日本での幼児向け英語教育を行なってきた経験を持つスペシャリストで、Alex 先生の指導や、職員間のディスカッションにより、より良い活動を皆で作り上げています。

日常において外国人の先生と一緒に過ごすことで、外国人と触れ合う機会を多く作り、生活の中に英語がある環境を整えています。英語学習というと、語学の習得が目的だと捉えられがちですが、自分と違う国籍、文化、背景を持つ人と触れ合うということを一番の目的としています。実際にアジア圏の方が多くいる地域で、複数の国籍の子どもが在籍していますし、園の外でも他文化と触れ合うことが日常的にあって、英語が自然に出てくるような子もいます。こうした環境でもあるので、英語のプログラムに関しても自然に馴染んでいるようです。

英語以外では、スポーツや、身体表現などがあります。今年から日本舞踊も始めました。スポーツは毎週行なっていますが、他は月に1回程度なのでカリキュラム漬けというわけでもなく、子ども達は自分のやりたい遊びもでき、他の活動に負担なくできていると思います。色いろな体験を通して本物を見て刺激を受け、チャレンジする気持ちや、子ども達の自信に繋がればという想いで取り組んでいます。

保育士の質の向上のために行なっていることは何ですか?

職員

人それぞれ個性や得意なものが違うので、先生それぞれが自分の特長、得意な分野を見つけて、一歩一歩前に進み自信をつけていけるよう、後押ししていきたいと考えています。
キッズフォレの研修には色いろな形があります。まずは日々の保育を広げるための研修があります。ほかにも、主任やリーダーが中心となり、今、フォーカスしたい内容をピックアップしてグループワークを行なったり、キッズフォレグループ7施設の先生達同士が施設を超えて自分の得意な活動を他の職員に伝える研修なども行なっています。

中でも力を入れて取り組んでいるのは、やはり、グローバル・コミュニケーションスキルです。将来的には、介護・農業・工業など様ざまな分野で働くために、今よりも多くの外国人が日本へやってきます。今の子ども達が大人になる頃には、日本から出なくとも、日常の生活の中で外国人と関わるようになるでしょう。そうなると必要になってくるのは、英語という語学そのものよりも、どうやって外国人と関われば良いのかということです。もちろん英語ができるに越したことはないし、英語ができる先生に向けて、子ども達が英語に馴染むためのスキルや英語力の向上を図る研修もあります。しかし、日本に来る外国人の中にも、英語がネイティブではない方もいます。気持ち、意見、アイデアをどうやって伝えるか。カタコトでもジェスチャーでもいい、どうやってコミュニケーションを取って課題を一緒に乗り越えていけるか。英語ができない先生にも、そういうところに焦点を当てた研修を行なっています。
子ども達だけでなく先生も、幅広い経験をして色いろな刺激の中から自分の強みを見つけていってほしいですね。

今後チャレンジしたい取り組みを教えてください。

コミュニケーション / 創造

少し前に外国へ研修に行った時のことですが、午前中、子ども達が遊んでいる様子を先生がビデオに撮り、午後、子ども達と一緒にそのビデオを見て、自分はどういう想いでどういう遊びをしていたか、子ども達一人ひとりがみんなの前で話すという活動をしていました。先生も子ども達について詳しくなりますし、子ども達も自分の想いを伝えることの学びになる面白い活動でした。コミュニケーションというのは、話すだけではなく、伝えるという力がとても大事なので、こうした機会も作っていきたいと思います。先生にも子ども達にもどんな刺激があるのかを見てみたいですね。

キッズフォレ平和の森といったら?

グローバル・コミュニケーションに加え、自然に触れる体験を大事にしています。園舎前の公園で毎日を過ごし、戸外で楽しむ時間を大切にしています。年長になると、2泊3日のサマーキャンプもあります。日々の生活の中で自然の循環を心と身体で感じる体験から、地球を愛し、地球の環境に関心を寄せるきっかけになればと思っています。また、子ども、職員、家族が共に学び合い、手を繋ぎ、未来に向かって歩み続ける園でありたいです。

キッズフォレ平和の森

キッズフォレ平和の森

住所

〒165-0026
東京都中野区新井3-35-20

アクセス

西武新宿線 沼袋駅より徒歩8分
JR中央線 中野駅より徒歩18分

開園時間

月~土 7:15~18:15、延長~20:15

連絡先

TEL:03-6454-0771

キッズフォレ平和の森

キッズフォレ平和の森