子ども達を楽しませたい園の環境を良くしたい遊具の販売・園庭のデザイン設計 / 株式会社アネビー

HAGS社の木製遊具取扱い・遊具の販売・園庭のデザイン設計
詳細はこちら

園庭を「運動場」から遊び込む「庭」へ。

株式会社アネビー 代表取締役の熊尾重治さんにお話をうかがいました。

御社について教えていただけますか?

乳幼児遊具HAGSユニミニ
乳幼児遊具HAGSユニミニ

熊尾: 株式会社アネビーは日本の高度経済成長が続いていた1976年に創業しました。
元々はスウェーデンのアネビーという町にある、HAGS社という遊具メーカーの商品を輸入して販売する株式会社ぽりーという代理店でしたが、子育て文化も輸入するという意味を込めて、HAGS本社のある町「アネビー」にちなみ1995年に社名を株式会社アネビーに変更いたしました。

なぜHAGS社を取引先に選んだのですか?

熊尾: 子ども達の理想の遊び環境に相応しい遊具を世界中から探していた時、「子どもの遊びを真剣に考える」という考えを持つHAGS社と出会いました。その考えに共感し、同時にHAGS社が扱う木製の優れた遊具に魅力を感じて輸入元に選びました。

幼稚園や保育園に向けて、どのような商品やサービスを展開しているのでしょうか?

室内遊具GEMiNO+(ゲミノプラス)
室内遊具GEMiNO+(ゲミノプラス)

熊尾: 主に遊具の販売とそれを使った園庭のデザイン設計を手掛けております。

特に園庭は、「物語が生まれる園庭」と「みんなちがって、みんないい」をコンセプトに、その園に合ったオリジナルデザインを提案しているので、一つとして同じデザインの園庭はありません。
同様に、室内遊具も「物語が生まれる保育室づくり」をコンセプトに、園のイメージに合わせた遊具を園長や保護者と相談しながら提案します。

また、弊社では子ども達の独創性や発想をかきたて、長い時間遊べるような複合遊具も扱っております。遊具は「日常で使わない体の部分を動かせるか」「必要に応じて遊具の増設・拡張ができるかどうか」「年長になっても遊びたいと思える遊具か」という点が重要です。
弊社の複合遊具はこれらの点を備えた、子ども達が遊ぶために最適の遊具と言えます。

なるほど、アネビーさんの複合遊具は子ども達が遊ぶのに適した遊具なのですね!
では、遊具を扱う上で、どのような安全対策をとっているのでしょうか?

熊尾: 弊社が扱う製品はヨーロッパ安全規格EN1176・1177に準拠しており、遊びの機能を損なわないことを第一の条件としています。そして危険の切り分けや責任の所在、遊びの意義を守ることを主眼に置いており、最も信頼されるとも言える規格に従っているので、安心して子ども達を遊ばせることができます。

なぜこの事業を始めようと思ったのですか?

熊尾: アネビーの前身である株式会社ぽりーは「21世紀に通用する、心身共に健全な子どもを育てる遊び環境を作りたい」という想いで立ち上げられた企業でした。

現代の子ども達はゲームや携帯電話に時間を費やし塾や習い事に忙しく、外で遊ぶ機会が激減しています。ですが心身ともに発育が著しい子ども時代は、思いきり身体を使った遊びを楽しむことが必要です。そしてその環境を用意してあげるのは大人の役目だと考えています。

現アネビーの事業はこのような子ども達の健やかな成長のための環境づくりであり、創業当時の志は今も変わらずに受け継がれております。

御社の製品やサービスを保育園や幼稚園に導入するメリットを教えてください。

熊尾: 園にはそれぞれ保育の理念・方針があります。弊社はその考えをしっかり踏まえた上で、園庭づくりの中で具体的にデザイン設計をします。そしてそのような園庭を大きく4つに分類しています。

・自然と遊具を組み合わせ、園庭をめいっぱい活用し表現した「プレイランド」
・体力を使い、勇気を出して挑戦できる遊具を設置した「アドベンチャーランド」
・水や土、砂、草木などの自然を取り入れた「ネイチャーランド」
・ジャングルジムなどの既存遊具や、すでにある樹木を活用した「ワンダーランド」

この4分類から園の形態にいちばん適した園庭を共に考え実現することで、子ども達の力を最大限に引き出し、様々な事を学べる環境を用意することができます。

最後に、読者にメッセージをお願いします。

熊尾: アネビーの特長は、それぞれの園の環境に最も相応しい商品や園庭のデザインを、園長先生や保育士さん、場合によっては保護者の方も参加して一緒に考えていくという点です。
遊具は世界中でたくさん作られておりますが、このように園側と綿密な打ち合わせを繰り返し、満足いく製品を探すサービスは弊社しか展開しておりません。納得がいくまでとことん話し合って作られた園庭や遊具は、園にとっても子ども達にとっても非常に満足度の高い物となります。
遊具や園庭に関してのご相談の際は、ぜひ弊社にご連絡ください。 お問い合わせお待ちしております!

詳細はこちら
園庭のデザイン設計
幼稚園や保育園をはじめ、遊具と園庭・遊び場のデザイン・設計・施工に自信があります!
¥0
追加
お問合せ
03-3465-4828
FAX:03-3465-7781

HP
mail
aneby@aneby.co.jp

商品&インタビューはこちら

株式会社アネビー 代表取締役 熊尾重治 様
 
園にとっても子ども達にとっても満足度の高い園庭や遊具を、納得がいくまでとことん話し合って作りましょう!
遊具や園庭に関してのご相談の際は、ぜひ弊社にご連絡ください。
 
応援をお願いします!

メモ: * は入力必須項目です

メッセージを送る
コメント: 0
会社概要
株式会社アネビー
会社名 株式会社アネビー
代表者名 熊尾 重治
所在地 〒151-0062
東京都渋谷区元代々木町33-8
元代々木サンサンビル5F
TEL 03-3465-4828
FAX 03-3465-7781
企業HP http://www.aneby.co.jp/